野菜の調理にも適した水

≪野菜の安全性≫

お店で買ってきた野菜はキレイに見えてもよく見ると土や虫がついていることもあって、洗って使うのが一般的です。
しかし、本当に怖いのは目に見えない農薬やバクテリアです。
これらを除去するためにも野菜は洗う方がおすすめです。
ご家庭では水道水で野菜を洗っていると思いますが、水道法には水質基準値以下ではありますが有害な物質がいくつか含有されています。

≪水道水に含まれる有害な物質≫

そこで、水道水にはどんな物質がどういった理由で含まれていて、どのように有害かなどをご説明します。

【塩素】
水道水に含まれている代表的な物が塩素です。
カルキ臭いのは塩素が入っているためですが、水道水の消毒のために各家庭の蛇口まで塩素成分が残らなければならないと日本の法律で決められています。
水質が汚染されている都市部や塩素を投入する浄水場に近いほど、塩素の濃度が高い傾向にあります。
アレルギー疾患やぜんそくを持っている場合、塩素が刺激となり症状が悪化するケースがあるといわれています。
また、塩素の含まれた水道水で野菜を洗うことで、野菜のビタミンを破壊してしまいます。

【総トリハロメタン】
水道水に含まれる塩素と有機物が反応することで生成されるのが総トリハロメタンです。
発がん性の危険があり、中枢神経や腎臓、肝臓といった器官にもダメージを与えたり、アトピーや喘息の悪化、集中力の低下、疲労感やイライラ、無気力になる、さらには流産の可能性が高まるなどの様々な健康被害があるといわれています。
塩素濃度が高いほど総トリハロメタンの量も多くなるため、都会に住んでいる人は要注意です。

yasainobitamin

 

≪野菜の調理に適したRO水≫

上記の2つが水道水に含まれる有害物質の代表的な成分です。
先ほど水道水の残留塩素が野菜のビタミンを壊すと説明しましたが、野菜を洗ったり調理するには塩素や総トリハロメタンが含まれている水道水はなるべく使わないようにしたいものです。
野菜の調理におすすめなのが宅配水ですが、宅配水にも天然水を使用した物とRO水とがあります。
なかでも塩素だけでなく不純物をほとんど含んでいないRO水は、天然水よりも安全性が高く、野菜など食材のそのものの味や栄養分を最大限に引き出せるので料理にも最適です。
エイチ・エス・アシストのRO水である「サプリメントinウォーターMCMのめぐみRich」は安全というだけでなく、約60種類以上のミネラルを配合しており野菜の調理にも最適です。

サプリメント in ウォーター MCMのめぐみってどんな水? と、ご興味をお持ちの方は、こちらへアクセス! (http://mcm-megumi.com/megumi/

サプリメント in ウォーター MCMのめぐみっってどんな水?
健康を謳えるミネラルウォーターは、 サプリメント in ウォーター MCMのめぐみだけ。
詳細はこちら!

おすすめ記事

最新記事