絵本『クリスマスキャロル』発売のお知らせ

絵本『クリスマスキャロル』発売のお知らせ

『クリスマス・キャロル』は、英国の文豪チャールズ・ディケンズが1843年12月19日に出版した中編小説です。

守銭奴のスクルージがクリスマス・イヴに超常的な体験をし、過去・現在・未来の旅の末に改心をするというもので、クリスマスを現代の様な形で祝うようになったきっかけとなった物語です。

また、内容を現代風にアレンジして、ホリエモンこと堀江貴文氏主演で、毎年12月にミュージカル公演を行っていますが、2020年公演に合わせまして、ご縁があってMCMのめぐみ株式会社が発行所となって、この度この舞台を絵本化いたしました。

ご購入はこちら

制作は、堀江氏が主宰するオンラインサロン『HIU堀江貴文イノベーション大学校』のメンバーで行いました。

ミュージカルの脚本を元に文章を作成しましたが、絵本にするとなると子供たちでも読みやすいように文章の量を削らなければなりません。

文章量を減らしつつも、伝えたいメッセージがしっかりと届くように、プロの脚本家が練りに練って、土台となる文章を作成しました!

また、キャラクターデザインは高校生の女の子が担当しました!

 

そして、ハードなスケジュールをなんとかクリアし、舞台の感動をそのまま閉じ込めた絵本は2020年12月8日に完成。今年のミュージカル「クリスマスキャロル」の東京公演に間に合いました。

舞台会場で販売すると共に、社会貢献活動の一端となるべく、全国の子供達へこの心温まる物語を広くお届けしたいと寄付も募い、多くの方々の善意を賜りました。

ご購入はこちら

舞台会場では、多くの方々に絵本を手に取っていただきました。

#株式会社オンデーズ 社長 #田中修治 さん


#SHOWROOM株式会社 社長 #前田裕二 さん

#株式会社幻冬舎 #箕輪厚介 さん

 

#猫ひろし さん

 

#田端大学 学長 #田端信太郎 さん


#市井紗耶香 さん

因みに、このセーラー服コスプレ(?)が、キャラクターのデザインを手がけたゼロ高生です。

 

そして、この絵本制作のきっかけを与えていただいた #キングコング #西野亮廣 さんには、子供たちへの寄付として50冊購入いただきました!

 

また、炎の講演家 #鴨頭嘉人 さんには絵本100冊を寄付用に購入いただきました!

それ以外の会場のお客様にもたくさんお買い求めいただきましたー!!

 

現在、全国の児童養護施設や保育園などの施設へ配布活動中です。

ちゃんと配り終えるまでが自分たちの役目です。

寄贈先は、制作スタッフがそれぞれのツテに頼ってみたり、HIU内でも募ったりして探しました。

在るゼロ高生さんは、娘さんの幼稚園と地域の小学校や、学童、子育て支援センター、図書館、障害者施設などに寄贈するのに歩き回ってくれています。

 

また、或るHIUメンバーさんが、神戸市内の児童養護施設に電話しまくってくれたら、養護施設の協議会のリーダーさんにたまたま行き当たり、神戸中の施設へと配れる様に手配をしていただけたりもしました。

 

この様に、今のところ全て自分たちの手でお送り出来てます!

この調子で頑張りますので、絵本の購入と子供たちへのご寄付を引き続きお願いいたします!

 

この物語では、クリスマスに贅沢ができない孤児院の子供たちや、やむを得ない理由で収入が減ってしまった家庭が描かれています。

絵本のご購入だけではなく、そのような子供たちやご家庭に「クリスマスキャロル」の絵本をお届けさせていただくために寄贈をおこなっていただける方からのご支援もお待ちしております。

舞台を生で見て得られる感動というのは何ものにも代え難いものではありますが、舞台を見たことのある方にもそうでない方にも、舞台を見たときと同じぐらい温かい気持ちに包まれるような、ハートフルな作品に仕上げたつもりです!

ミュージカル舞台を見たことがある方にもぜひ読んでみていただきたいですし、舞台を見に行くことができないようなご家庭や子供たちに、クリスマスプレゼントとして、この心温まる最高の物語を届けられたらと思っております。

 

この記事をお読みになり、この絵本を手に取ってみたい方や、ご寄付や配布先のご紹介などにご協力くださる方々がいらっしゃいましたら、是非ご一報くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

ご購入はこちら

#絵本 #クリスマスキャロル #寄付 #MCMのめぐみ

おすすめ記事

最新記事