心筋梗塞や脳梗塞の発症を抑える水

《心筋梗塞や脳梗塞の原因には水分が関係している》

心筋梗塞や脳梗塞は死亡率も高く、突然起こりうるとても危険な病気です。
ご年配の方に多く起こるもので、動脈硬化が直接的な原因とされています。
血管にきちんと血が巡らないようになってしまい、血管がはじけるような状態になってしまいます。

illustこの心筋梗塞や脳梗塞が一番多く発症する季節は冬場とされていますが、実は夏場にも違った原因で心筋梗塞や脳梗塞のリスクがあるのをご存知でしょうか。
冬場の心筋梗塞や脳梗塞は、寒さに体が対応するために、血管を収縮させることが原因です。
血管を収縮させると、その分だけ血行が悪くなってしまい、その結果、動脈硬化や、動脈瘤ができてしまうのです。
夏場の心筋梗塞や脳梗塞の原因は、体に水分が不足していることで起きます。

《水分が不足することの危険性》

drink_man夏場は、汗を多くかくため、体内に水分が不足してしまいがちです。
そのため、血行不良を引き起こしてしまったり、血液もドロドロになってしまうため、血栓を作ってしまうこともあります。
特に加齢になってくると、動脈は硬くなってしまいがちで、また、生活習慣が乱れていると、肥満にもなりがちなため、より危険性を増します。
夏場になると、体は、その上がった体温をどうにかして発散しようとして、血管を広げるように働きかけます。
それに加えて、血液がドロドロになってしまうことも作用して、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まるのです。

《水分補給の必要性》

このように、夏場に起きる心筋梗塞や脳梗塞を抑えるためには、水分補給が不可欠です。
この際に覚えておいてほしいことは、水分を補給してから、きちんと体内に浸透するまでには20分ほどかかるということです。
そのため、のどが渇く少し前の内から、適度に補給をしておくという習慣を持つことが必要です。
特に、寝る前にはしっかりと補給しておくようにしてください。
寝ている間には、人はコップ一杯分以上の汗をかいており、寝ている間に水分が不足して、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまう方もいらっしゃいます。
また、コーヒーやお茶で補給しようと考える方もいるかもしれませんが、それも危険なのでやめてください。
お茶やコーヒーには、カフェインが含まれており、カフェインの利尿作用によって、逆に水分が体から逃げてしまうこともあり得るのです。
夏場の水分補給は、熱中症対策だけではなく、重大な病気の防止にもつながっているのです。

サプリメント in ウォーター MCMのめぐみの詳しい情報は、こちらにアクセス!

 

おすすめ記事


最新記事