健康・美容・テックアイテムにもタイパの流れ、女性2万人の意識調査

【健康・美容・テックアイテムにもタイパの流れ、女性2万人の意識調査】
(Woman’s LABOより引用)

首都圏の女性向け情報サイト「オズモール(スターツ出版)」は美容・健康、ライフスタイル、外食やおでかけ事情に関する2万人調査の結果を「OZ勢調査2023」にまとめ、発表した。調査では同サイト会員20,483人を対象に、「美容・健康」「ライフスタイル」「お出かけ」「外食」「旅」の5領域について聞いた。

「美容・健康、お金をかけているのはどちらか?」という質問では、「美容(25%)」「同じくらい(36%)」「健康(39%)」で、美容よりも健康重視派が多いことが分かった。
「フェムケア」の言葉の認知は24%で前回調査と変わらず、「SDGs」の認知度と比べるとまだまだ浸透しているとは言えないことも明らかに。
「今後取り入れてみたいフェムケアアイテム」の最多は「女性特有の症状に合うサプリ・漢方」。

「美容・健康」領域の調査項目は以下。
美容・健康、お金をかけているのはどちら?
美容・健康で最近気になっていることは?
健康のためにしていることは?
今の自分の睡眠は何点?
睡眠についての悩みは?
睡眠の質を上げるために取り入れているものは?
睡眠に関して今ほしいもの、取り入れたいものは?
フェムケアという言葉を知っているか?
フェムケアを取り入れてみたい?
今後取り入れてみたいフェムケアアイテムは?
女性特有の悩みはある?
どんな悩みがある?
自分の生理は普通だと思う?
生理の不調はある?
美容・健康・ライフスタイルなどで憧れの人は誰?

結果を踏まえ同社のマーケティングチーム部長の倉持志信部長は、「コロナ禍で長らく自粛していた期間が終わり、多くのことが数年ぶりに解禁になったことが感じられる『美容・健康』 のデータになった」とコメント。新しい潮流として、美容・健康領域における女性たちのタイパ意識や、フェムテックの浸透を加速させるヒントについても言及した。

美容・健康ともに土台の大切さを見直していながらも、タイパの波はこのカテゴリにも迫っています。
コンビニジムやスマートウォッチ、アプリなど、何かをしながら効率よく、時間を有効に使って、美容・健康を実現した いと思っていることが伺えます。
フェムテックという言葉は、まだまだ浸透には時間がかかりそうですが、タイパの流れを受け、テックアイテムで「ながらケア」を手軽にできるようになれば、 浸透が進む日も近いかもしれないです。

結果詳細はこちら。アンケート回答で12月末までダウンロード可。
https://survey.talkappi.com/survey/begin?UID=&lang_cd=ja&channel=wb&line_id=&facility_cd=ozmall&survey_id=8010022060&id=d7e1e45b-c3a7-452d-b90b-c61c37de3982&bot_id=801002

美容・健康は内面から。
サプリメント in ウォーター MCMのめぐみ。
特許取得(特許番号第3247620号)の天然ミネラルサプリメント MCM(Marina Crystal Minerals)を配合したちょっと非常識で、変な水です。
美味しく飲むだけで、いつの間にか健康に。
ご自身の健康は自分で守る。 そんなセルフケアの時代だからこそ選んでいただきたいお水です。

特許サプリ入りのお水宅配【MCMのめぐみ】


#ミネラル #特許 #健康 #熱中症予防 #飲料水 #ウォーターサーバー #MCMのめぐみ

おすすめ記事

最新記事