ウォーターサーバー豆知識~ウォーターサーバーの機能~

各社が競っているのがウォーターサーバーの性能や見た目。MCMのめぐみも努力はしているのですが、おしゃれなウォーターサーバーが多いのも事実。いろいろなウォーターサーバーを参考にもっとかっこいいといわれるウォーターサーバーを目指していきたいです。そこで、各社のウォーターサーバーの特徴をまとめてみました。まず、どのウォーターサーバーも標準装備としているまたは当たり前の機能とされている以下は省略させていただきます。

①温水・冷水機能

②温水チャイルドロック

③外気が入りにくい収縮ボトル採用

④サーバーレンタル料金無料

 

||MCMのめぐみ ウォーターサーバー

●アジャスト機能

底面を、高さ調整が可能なゴム足タイプにしました。
設置時の床のがたつきを解消します

 

●タッチパネル方式を採用

温水ランプ、ECOモードランプ、パワーオンランプ、SAVEモードランプ、冷水ランプをタッチパネルで操作可能

 

●ECOモード搭載

ECOランプを3秒間長押し、ピピピッと鳴ってランプが点灯したらOK。
ウォーターサーバーの電気代は温水の温度調節によるものが比較的高い割合を占めています。
このECOモードをONにすると、70°C前後の温度となり、 加熱のための電気代が節約されます。
日頃の使用時には通常モードのECO OFFで便利に温水を使っていただき、長時間の外出や出張時、または就寝中などはECO ONで電気代をオトクに。ますます便利に美味しいお水をご利用ください。

 

●SAVEモード搭載

SAVEランプを3秒間長押し、ピピピッと鳴ってランプが点灯したらOK。
このSAVEモードをONにすると、センサーによって自動で明るさを感知。
暗くなったら60℃前後に調整し、明るくなったら温度が上がります。

 

●水漏れセンサー搭載

なんらかのトラブルで、底面が濡れた場合は、タッチパネルの全ランプが点滅して、同時に警戒音が鳴ります。
トラブルが解消しない場合は弊社までご一報ください。

 

 

||天然水 人気3社のウォーターサーバー機能性

 

F社

インターネット販売で他の追随を許さない天然水を販売している会社。ウォーターサーバーランキングではどのサイトでもNO、3位以内に入る大手です。

 

●おしゃれ度抜群

インテリアとの親和性も考慮されたデザインとしてグッドデザイン賞も受賞したデザイナーズモデル。丸みをおびたかわいらしい見た目にこだわりを感じます。多くのサーバーをデザイナーが手掛けており、どれも他のサーバーに比べるとおしゃれです。

 

●フレッシュ機能搭載

フレッシュ機能とは、サーバー内の温水を定期的に循環させることで、温水・冷水の滞留を防ぎ、いつでも新鮮な状態を保ちます。

 

●スリムにするために7.2Lパックを採用

女性や高齢者の方でもらくらく交換ができる。加えて、パックを小さくしたことによって住居にも考慮し、奥行きを増やして、横幅を狭めた構造。

 

●スリープモードとエコモード、デュアルタンク搭載で省エネ

3つの機能を使用することにより、電気代を抑えることができます。デュアルタンクとは、従来のウォーターサーバーは冷水・温水タンクが密接しており、熱干渉によって電気代が掛かっていたが、タンクを離すことによって、無駄な電力を抑える構造。

 

有名俳優をしようしたCMが話題となった天然水を販売している会社。インターネット販売ではF社と競う人気。他社にはないサーバーを導入することで話題。

 

●日本初!足元でボトルを交換できるサーバー

日本初の足元ボトル交換ウォーターサーバー。重いボトル交換が片手でできる。重たい水ボトルを持ち上げないので、女性でも簡単にボトル交換ができます。これにより、体感的に1/3以下の労力でボトル交換ができます。

 

●サーバー内部を綺麗に保つ自動クリーニング機能

サーバー内部のお湯を冷水タンクに循環させることによって、常にクリーンな状態を維持する「クリーンサイクルシステム」を搭載。
天然水を新鮮なまま安心して飲んでいただくことができます。

 

●細部へのこだわり 静穏設計

ウォーターサーバー内部の素材や構造を見直すことで、機器の駆動や振動により発生する音を30%低減しました。静音設計のため、リビングに置くことが多いウォーターサーバーですが寝室でも快適にご利用いただけます。

 

●無駄なスペースを有効活用。自動おそうじロボット搭載

ウォーターサーバーの構造上、タンクのない下半分は高さをだすためだけに作られており、中は空洞でデッドスペースでした。そこに目をつけて、デットスペースの部分にお掃除ロボットを搭載して、有効活用してます。

 

●S社

ウォーターサーバー業界に参入したのはつい最近ではあるもののの、昔ながらの飲料水メーカー最大手。誰もが飲んだことがあるし、聞いたことがある会社です。CM露出度も高く、有名俳優を多数しようしている。最近ではトクホを中心にウーロン茶や緑茶に力を注いでいる。

 

●「4段階温度設定」機能

従来のウォーターサーバーではエコモードなどによってお湯を60℃くらいにする機能はありました。ですが、冷水を抑える機能は珍しいです。天然水を楽しんでいただくために、お湯2段階、冷水2段階の『4段階温度設定』機能を搭載。冷水通常モード4-9℃と弱水モード12-15℃があります。

 

●S社独自の2重チャイルドロック機能

S社独自の「2重のチャイルドロック」機能が搭載されています。
お湯/冷水の「注水ロック機能」だけでなく、お子様が簡単に操作できないよう、「全操作ロック機能」のボタンを扉の内側に搭載しています。小さいお子様がいるお客様のご家庭でも、サーバーの誤使用を防止し、安心してご利用いただけるための、S社独自のこだわりです。

 

●簡単交換 軽量ボックス&取り付けレバー

天然水ボックスは、女性やご年配の方が負担なく持ち上げられることができる7.8L軽量天然水ボックスです。従来は、持ち上げて、スピルにお水を差すというものですが、難しい作業工程を極力なくすために、ボックスをセットしてレバー引いていただくだけで簡単にセットできます。

 

一昔前までは、どの会社のウォーターサーバーを使っても、特徴もなく替わり栄えしないパッとしないものばかりでした。機能も冷水と温水が使える程度のものです。
しかし、近年ではどの会社もウォーターサーバーに力をいれてきてます。だんだんとその会社独自の路線が作られてきてますね。他社のサーバーと見比べることによって、よりよい環境づくりに役立てていきます。

 

 

おすすめ記事

最新記事