天然水とRO水の違い

≪RO水ってなに?≫

ウォーターサーバーが普及しており、会社やご家庭に設置しているという方も多いのではないでしょうか。
ウォーターサーバーをこれから導入しようと思った方が最初に考えるのが「RO水にするか?天然水にするか?」だと思います。
ちなみにRO水とはReverse Osmosisのことで、採取した水にRO膜処理を施した水のことをいいます。
RO膜とは逆浸透膜ともいい0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターです。
このフィルターを通して不純物を除去し、製造したのがRO水で、限りなく純粋に近いキレイで安全なお水です。
危険な物質である放射性セシウムや放射性ヨウ素なども逆浸透膜フィルターだと、唯一除去できる(100%ではない)というメリットがあります。
しかし、雑菌など不純物をすべて取り除くためミネラル成分も除去されてしまうので、RO水そのままでは味わいに欠け、人工的にミネラルを添加する場合が多くなっています。
RO水はその安全性の高さから多くのウォーターサーバーの会社でも採用しています。

≪天然水とRO水の違い≫

一方、天然水は山の湧水など原水にこだわった水で、添加物などの調整を行っていない自然の水です。
天然水は雨や雪が地面に降り注ぎ、ゆっくりと地層を通過している間ろ過された物です。
その過程で地中のミネラル分が水に徐々にしみこんでいき、ミネラル分の豊富な水になります。
このように天然水は地表に出てくるまでに不純物はろ過されていますが、RO水のように放射性ヨウ素や放射性セシウムは除去できないうえ、品質管理に手間と技術が必要となります。

天然水の特徴
カルシウムやマグネシウムなどミネラル分は除去されずに残るが、放射性ヨウ素やセシウムなど不純物が残ってしまう。

RO水の特徴
危険な放射性ヨウ素や放射性セシウムを除去するが、マグネシウムなどミネラル分も除去するため、後でミネラル分を添加して作られる。

 

RO水は不純物が極めて少なくミネラル分も調整して入れるため、赤ちゃんからご年配の方まで、どなたでも安心して飲めるのがメリットです。

しかし、ミネラル分を後で添加するため自然の天然水に比べると味気なく感じるという方も多いようです。
また、湧水などと違い、RO水は一年を通じて同じ味です。常に一定の成分で安全性の高いというのが、RO水の特徴です。
エイチ・エス・アシストではRO水を原水に採用し、より安全に、安定した品質を保つべく製造された「サプリメント in ウォーター MCMのめぐみ Rich」を取り扱っております。

この「サプリメント in ウォーター MCMのめぐみRich」は、人体が必要とされる約60種類のミネラル元素を含有しているため、毎日の生活のなかで簡単にミネラル分を補給していただけます。
健康だけでなく美容やアンチエイジング効果も期待できるので、ぜひお試しください。
http://mcm-megumi.com/megumi/

 

 

サプリメント in ウォーター MCMのめぐみっってどんな水?
健康を謳えるミネラルウォーターは、 サプリメント in ウォーター MCMのめぐみだけ。
詳細はこちら!

おすすめ記事

最新記事