口臭を抑える!水の飲み方とタイミング

《口臭の原因》

口臭が起きてしまう原因の一つに、口の中にある唾液の分泌量が減ってしまうことがあります。
唾液は、体内の水分量によって分泌量が変わってきてしまいます。
分泌量が減ってくると、唾液自体に含まれる水分量も減り、粘度の高い、いわゆる「ねばねば唾液」になってしまいます。

woman.pngねばねば唾液は、唾液が本来持っている口臭を抑える効果を失っています。
そのため、適切な補給が重要になるのです。
また、唾液の分泌量を左右するものとして自律神経も挙げられます。
ストレスや疲れによって乱れを生じてしまう自律神経ですが、内臓の働きにも強い影響を与えるため、唾液が分泌されなくなってしまいます。
この自律神経を整える方法の一つが水分補給なのです。
また、水分補給といっても、果物やジュースなどではなく、お水の必要があります。
それは、お水以外で摂取したものは胃で食べ物として吸収され、お水は腸で吸収されるという違いがあるためです。
そのため、意識的にお水で水分補給するようにしましょう。

《タイミングはいつがいい?》

waterしかし、ただやみくもにたくさん飲んでいても、十分な口臭対策になるわけではありません。
まず、水分不足となっている朝起きたばかりの体には、きちんと補給をしてあげてください。
このタイミングでコップ一杯程度でも構いませんので、飲むようにしましょう。
また、食事をとる1時間前くらいにも意識的に水分をとるようにしてください。
その理由は、食前が重要というよりも、食事中に液体をとることがあまり良くないとされているためです。
食べたものを消化するためには、胃から分泌される消化液が働くのですが、食事中に液体をとりすぎると、その消化液が薄まってしまうのです。
そして、できれば常に体内が潤っている状態が望ましいため、のどが渇くことがない程度に補給を続けることが理想です。
一日の総量として2リットルくらいということはよく目にしたことがあると思いますが、飲み分けながら、摂取するようにしてください。

《飲み方はどうすればいい?》

drink_woman適切な補給には飲み方も関係しています。
なるべくゆっくりと飲むようにしてください。
ガブガブと一気に飲んでしまうようでは、胃腸にも負担をかけてしまいますし、補給の効率も下がってしまうといわれています。
また、キンキンに冷やしたものもあまり良くありません。
ウォーターサーバーから飲む場合も、それ以上に冷やしすぎないでください。
このように、適切に水分補給をして、口臭対策をするようにしましょう。

サプリメント in ウォーター MCMのめぐみの詳しい情報は、こちらにアクセス!

 

おすすめ記事


最新記事